勝俣 美秋(かつまた みのる)

終了いたしました。

【流山児★事務所2013春 @座・高円寺新作Musical公演】

日本演劇界の風雲児たちが「世界」に発信する愛と原子をめぐるミュージカル。
激情の新作!!

『アトミック☆ストームThe MUSICAL』

2013年5月31(金)~6月16(日)
会場:座・高円寺1

作:佃典彦(B級遊撃隊)
演出:中屋敷法仁(柿喰う客)
音楽:斎藤ネコ
振付:北村真実(MAMI DANCESPACE)
企画:流山児祥

at-a.jpg

【出演】塩野谷正幸・伊藤弘子・栗原茂・甲津拓平・冨澤力・平野直美・木暮拓矢・坂井香奈美・武田智弘・阿萬由美・山下直哉・荒木理恵・山丸莉菜・鈴木麻名実・五島三四郎・宮川安利・龍昇・流山児祥(以上流山児★事務所)・麻田キョウヤ・浅見紘至(デス電所)・井狩善文・今村洋一・王申冉・大浦千佳・大島雅陽・奥田努(Studio Life)・嘉悦恵都・勝俣美秋(劇団わらく)・菊池明明(ナイロン100℃)・重岡漠(青年団)・嶋田菜美・遠山悠介・野口和彦(青蛾館)・橋本・葉丸あすか(柿喰う客)・三木崇史・森田祐吏・山口ルツコ・山崎薫 

【演奏】:諏訪創・中田粥竜太郎・吉良憲一・エリヲ・佐藤太志朗・安藤裕子

【舞台美術】原田愛
【照明】浜崎亮
【音響】島猛
【衣装】 木村春子
【舞台監督】岡島哲也・金森勝
【演出助手】山口千晴
【歌唱指導】 長野佳代
【稽古ピアノ】村井一帆
【宣伝写真】アライテツヤ
【宣伝美術】 Flyer-ya
【制作】岡島哲也・米山恭子
【主催】有限会社流山児オフィス(流山児★事務所)
【提携】NPO法人劇場創造ネットワーク/座・高円寺
【後援】杉並区


【解説】
1992年28歳の若手劇作家:佃典彦が流山児★事務所に初めて書き下ろした『アトミック☆ストーム』は長谷川和彦監督、沢田研二主演の映画『太陽を盗んだ男』にインスパイアされ、原発のある港町で、帰ってこない息子を待ち続ける母親、原発労働者(ジプシー)、電力会社の三つ巴の戦いをB級アクション活劇として高円寺明石スタジオで初演。99年までに5回改訂上演された佃典彦の初期の代表作。96年『アトミック☆ストーム~最終章~』は福島県いわき市、第1原発のある南相馬市で上演され、反原発劇!として話題を呼ぶ。3・11東日本大震災での第1原発事故はレベル7の世界的事故を起こした。あれから2年、佃典彦と流山児★事務所が「20年」の時を超え『アトミック☆ストーム』をミュージカルに全面的に創り変え、新たに挑みます。演出に28歳の若手実力派:中屋敷法仁を迎え、オーディンションメンバーも加え、パワフルに「世界」に発信する脱原発ミュージカル『アトミック☆ストーム』にご期待下さい!!

【タイムスケジュール】

14:00 19:00
5月 31日 (金)
6月
1日
(土)
2日
(日)
3日
(月)
4日
(火)
5日
(水)
6日
(木)
7日
(金)
8日
(土)
9日
(日)
10日 (月)
11日 (火)
12日 (水)
13日 (木)
14日 (金)
15日 (土)
16日 (日)


一般 4,500円
学生 3,500円(当日、要学生証提示)

□予約・お問合せ□
お問い合わせは下記よりお願いいたします。

チケット予約フォーム
TEL:080-3442-0481
MAIL:waraku@dear-by.com

※メールでお問い合わせの方は、ご返信いたします。
何日か経っても、返信メールが届かない場合はお手数ですが、
再度ご連絡頂きますようお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


終了いたしました。

【カズカンパニー 公演】
「第32進海丸」

作:蓬莱 竜太
演出:勝俣 美秋
場所:絵空箱
期間:2013年3月15日~3月20日
32omote250.jpg 32ura250.jpg

【あらすじ】
"黒潮の狩人"と呼ばれた伝説の漁師、清四郎を父に持つサトルは、
定職にも就かず遊び続けてきた。
清四郎が他界して数ヶ月後、清四郎の船であった進海丸の乗組員たちに、サトルは突然「進海丸に乗りたい」と言い出す。
何故今更漁師になりたいと言い出すのか、疑問に思う乗組員たち。
高知県のとある漁師町を舞台に、10人の熱い男たちの思いが交錯する。

【出演者】
揚妻弘和 磯谷雪裕
岡村勝之 児玉尚之
鈴木和徳 高須誠
塚本一郎 中嶋ベン
福島勝美  宮腰慧

【劇場】
パフォーミングギャラリー&カフェ『絵空箱』
〒162-0801 東京都新宿区山吹町361 誠志堂ビル1~2階
(有楽町線「江戸川橋」駅 徒歩2分/東西線「神楽坂」駅 徒歩9分)

【チケット】
前売り 2500円
当日 2700円
※シルバー割引 2000円
※障害者割引 2000円(付き添い無料)
※初日&19日昼割引 2200円


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


終了致しました。

【劇団レクラム舎公演】

「それはさておき恋はくせもの」

reku-1-250.jpg reku-ura-250.jpg

■日時
2013年1月11日(金)~18日(金)
    
■会場:スタジオAR(東京都世田谷区若林4-24-20 Tel.03-3414-7030)

■Cast:鈴木一功/松坂わかこ/山岸諒子
     鶴忠博/坂田純子/和田広記
       根本和史/三谷六九
     勝俣美秋/長本批呂士/石川亜季


■作:小松 幹生
■演出:喜一朗

■Staff:演出協力:高橋征男/
美術:青木祐輔・野尻健蔵/舞台監督・照明:小関英勇 
音響:吉岡英利子/デザイン:青木祐輔/絵:野尻健蔵
音楽:古賀義弥/振付:池田瑞臣/衣装:鳥居照子 
制作:(株)レクラム舎・鳥居慎吾

■チケット料金:前売り¥3500(当日¥3800)
※60歳以上・学生割引 2,800円

★劇団わらくよりご予約は、下記よりお願いいたします。
TEL:080-3442-0481
MAIL:waraku@dear-by.com
※メールでご予約の方は、ご返信いたします。
何日か経っても、返信メールが届かない場合はお手数ですが、
再度ご連絡頂きますようお願いいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


勝俣美秋~成田市立西中学校へ講演に行ってまいりました!

千葉県成田市にある、成田市立西中学校1学年の生徒さんへ
「進路講演会~働く人に学ぶ会~」の講師の一人として招かれ、講演に行ってまいりました。

以下、講演原稿とその時の様子をちょっとばかりご紹介!


20110130-a.gif

「進路講演会~働く人に学ぶ会~」

皆様こんにちは。
劇団わらく代表の勝俣美秋と申します。

今日は皆さんの前で、僕のやっている仕事について話をさせていただだき、その話の中から、一人ひとりの中に何かが残せるように、話ができればと思ってます。

それでは、早速ですが、本題に入りたいと思います。

まず、僕の職業がどんな職業なのかという事からお話いたします。
僕の職業は俳優・演出家です。
皆さんが、俳優という職業を思いうかべるとテレビや映画俳優をイメージすることでしょう。しかし、僕は舞台俳優です。演出家としても、テレビや映画ではなく舞台演出家です。
今言った僕の職業を違う言い方で、舞台芸術家という言い方もあります。
芸術家というのは、「新しく何かを創りだす人」、という風に僕はとらえています。
舞台芸術家という職業の中でも、今日は主に舞台俳優という仕事の話をしたいと思います。

舞台俳優という職業の特徴の一つは、生身の人間が舞台上で演じ、観客が劇場とう同じ空間で観ている。人前に体をさらしてお金を頂いくという、「ライブ」つまり生である、そういう特殊な職業です。職業、仕事とは、何かを作りそれを売ってお金を稼ぎ生活をしていく一つの手段です。では、俳優は演ずる事で何を作っているのか?

人間は体と精神=心がある。この二つがあり人間として存在している。
演劇を通じて創るものとは、具体的な形となっては残っていかないが、人間の精神の部分に訴えかけるもの、そういうものを創りだしていく仕事。つまり、何らかの「感動」を創りだして、それを劇場でお客様に生で見ていただく事によりお金を頂く。簡単に言うと、これが、僕たち舞台芸術家の仕事です。

「感動」とは感じて動く事です。
感じて泣くとか、笑うだとか怒るだとか、いとおしくなるだとか、憎しみだとか、なつかしさだとか・・・なにかそういう心を揺さぶられる事を感動といいます。
人の心を掴み揺さぶる何かを創りだすのは、並大抵な事ではできません。

次に、舞台俳優の仕事で大変な事は何かのお話をします。
俳優は体が資本。体を使ってする職業です。体=身体性を重視した仕事です。
先ほどもいいましたが、舞台は生=ライブです。俳優と観客が、同じ空間で存在しているため、頭の先からつま先まで穴のあくほど観られている。そして、その観ているお客様は、公演が何回あっても、その日その日、毎回初めて観ていただくお客様です。だから、何回公演があっても、同じ事の繰り返しにならないように、一回、一回生きなおすのです。
その一回は人生と同じで生まれたら引き返せない。舞台も幕があいたらやり直しがきかない。しかし、人間の体は、大変繊細なものです。風邪を引けば、せきが出たり、声が変わったりしてしまう。心配事があると、体も思うように動かなくなったりする。その繊細な体をコントロールして、毎回、今現在自分が持っている能力の最高のクオリティーまで持っていく。そして、生でお客様に観ていただく。舞台俳優はそこに大変な緊張や重圧があるがそこがまた一番の魅力でもある。

また、演劇とは「総合芸術である」とはよくいわれている事でありますが、そこで生きていく俳優は決して一人では仕事ができない。作家、俳優、照明、音響、美術、衣装、制作などそれぞれの役割の方がいて一本の芝居ができる。
いずれにしろ演劇とは集団でやらなければいけない。いろいろな意見の違う人=他者の存在が不可欠。他者と話をし、意見や価値観の違いをすり合わせ、議論をし、時には喧嘩にもなり、そうして一本の芝居が出来上がる。集団で一つの物を創り上げる事が演劇をするうえでは一苦労、本当に大変な事です。もめごとや問題が発生すると、仕事も前に進まなくなってしまう。しかし、それを乗り越え、皆で一つの作品を創り上げた時は、苦労をしたその何倍もうれしい。嬉しさは人と共有すると何倍にもなる。また、大変な事は皆で分担すれば一人ひとりの負担が軽くなる。集団でする仕事は大変だが、ここが素敵な所です。

先ほど僕の職業を、舞台演出家でもあるといいましたが、集団で作る作品が、一つの生き物として舞台に乗せるために芯になり方向性を示す存在が演出家という職業です。

今までの話の中で、舞台俳優の大変な事として、集団でする事と体というものを無視しては考えられない仕事といいました。しかし、よく考えてみると、実は僕を含め皆さんも、すでに社会の中のいろいろな集団に属して生きている。
家族、学校、地域、国、世界、人類というさまざまな集団。
いずれにせよ、僕たち人間は、いやでも集団の中で生きていくしかない。
また、体も切っても切り離せないものとして、一人一人、自分といという存在がある。
いいとか悪いとかではなく、そうした中でしか生きられないのが人間って言う生き物です。

ですので、集団と身体性を学びなおしていく為に必要な場として、僕はわざわざ、劇団という、また新たな集団をつくりました。そして学んだ事を俳優は、舞台で実践をする事により、集団や体というものの可能性を実証し続ける事。そういう繰り返しの作業をやって行く事が、社会、人間、人生というものをもっと違った角度で見られるようになるのではないか、その事が一回しかない「生」をもっと充実したものにする事ができるのではないかと信じていますので、それが現在も芝居を続けている、動機となっています。

しかし、最初にこの仕事を始めた動機は、これが非常にいい加減なもので、「有名になりたい。お金持ちになりたい。女の子にもてたい。」です。そのような所からこの世界に入りましたので、最初から深く考えてこの世界にはいったわけではない。
ですので、最初は芸能プロダクションに所属をし、テレビや映画の仕事をやっておりました。しかし、ある演劇研究所を主催する方に出会い、そこに入所し俳優の修業を数年しました。この方が僕の芝居の師匠に当たる方になります。今は故人になってしまいましたが、この師匠との出逢いをきっかけに、芝居の世界にのめりこむようになり、本格的に舞台俳優という職業について考え、現在の僕は劇団をたちあげ活動するまでになりました。

今日は僕の職業の話をさせてもらいましたが、仕事とかなんとか言う前に、僕たちに共通している事は、人間であるという事。僕も俳優・演出家である前に一人の人間である。
ですので、皆さんより少しだけ人間を長くやっている僕から、生きていく上でのこんな事気をつけたら素敵に生きられるのではないか、などの話を少しして終わりにしたいと思います。

先ほど、この仕事を始める動機の話をしましたが、何か物事を始める動機や理由はなんでもよい。とにかく自分の頭で考え、どんな動機でもいいので始めてみる事。そして失敗を恐れず行動する事。簡単に言うが、これは大変勇気のいる事です。
そして、物事始めたなら中途半端では辞めずに、とにかくコツコツと努力を続ける事。続ける事が大事な事です。これは、僕個人の考え方ですが、僕は、続ける事=持続性がないものは、俳優でも劇団でもなんでも、信じないという立場をとる人間です。
結果はよくても悪くてもいい。大事なのは結果ではない。プロセスだ。

そして、続けるうえで大事な事は、迷いながら続ける事。これでいいんだ、と決めない事。決めてしまうと楽だし、ただの繰り返しになってしまい、マンネリ、パターンになってしまう。また、本当に真剣にやればやるほど、迷いは出てくるものだ。生きるとはそういうもの。地道な、迷いながらの努力の繰り返しと人との出逢いにより、当初の動機や理由だった事の質が変わって来る。「変わり続ける。」事が大事。

人間は自然の一部である。自然は四季折々刻々とかわり続け、一瞬として同じ表情はない。人間もよく見ると、爪が伸びたり髪の毛が伸びたり、また老化現象などでも、体のいろいろな部分に変化が出てくる。

人間は細胞が集まりできあがっており、60兆個の細胞があると言われています。そして毎日20%(15兆個)が死んで、新しい細胞が生まれ変わる。毎日これを繰り返している。
肉眼では分かりにくいのでわからないだけで、人間の肉体は変わり続けている。
先ほど、人間は体と心があるといいましたが、体は毎日変わり続けているのに、心=脳=
考え方が、全く変わらなくなってしまう人間がいる。
これは見ていると、大変滑稽で、また、生きていても刺激が少なく面白くないのではないか、もっと生きている事は素敵な事なのに、なんて、おせっかいな僕は思ってしまう。
変わり続ける、それが生きている=生という事の大前提だし、また生が輝き続ける事の大前提だ。これは、皆様がこれから、どんな人生を歩むとも、どの職業につくとも、変わり続ける事が素敵な生き方につながると思っている。
しかし、人間は弱い生き物なので、変わり続ける事はなかなかむずかしい。その弱い人間を励ますために、文学があり、音楽があり、演劇があり、つまり芸術というものが存在する。僕も大変弱い人間なので、いつもいい音楽を聴いて、本を読んで、映画を観て、芸術に励まされている。そして、僕は励ます側の仕事もしているので、そういう職業をやっている。

みんなの前で話す機会を与えてくれた事により、自分の仕事に対して、自分自身がより深く考え直し、舞台芸術家という仕事をやっている事に誇り(矜持)を感じながら話をさせていただいたと同時に、もっともっと頑張らなくちゃいけないな、と強く感じました。

最後まで聞いてくれてありがとうございました。


劇団わらく 代表 勝俣美秋

20110130-b.gif20110130-c.gif20110130-d.gif

更新日:2011年1月30日


終了いたしました。

【2010年3月 オフィスプロジェクトM出演】

横浜・東京、2都市公演!

『ダイニング・キッチン』 〜そこでわたしがすべきこと  作/演出:丸尾聡
kitchen-chirashi-omotes.jpg


そこは糧を紡ぐ場所。
生と家庭を支える場所。

そこに運び込まれるのは、人それぞれの"当たり前"。
"当たり前"同士がぶつかって、互いを怒らせ不快にさせ、戸惑わせ悲しませ傷つける。
すれちがいばかりが起こる場所。

ダイニング・キッチン。
そこでわたしがすべきこと。


タイムテーブル

3月6・7日=相鉄本多劇場
3月9〜14日=中野BONBON

3月 6日
(土)
7日
(日)
8日
(月)
9日
(火)
10日
(水)
11日
(木)
12日
(金)
13日
(土)
14日
(日)
14:00
19:00

チケット予約



Page: 1 < 2

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0