5月26日 (記:勝俣 美秋)

先日、稽古場が、フォトワンスタジオに変わった。

ずっと同じ場所で、稽古ができる!
道具も置ける!
実寸がとれる!
演出席と演技スペースの距離がある!
集中して稽古を進められる!
などなど、いいことずくめだ。

いやー、稽古場、ずっと同じ所で出来るってといいなあ。

しかし、稽古場が1カ所になり、物が置けると・・・ケータリングのスペースも・・・つくらなくては。

劇団わらくには、KDがいる。
KDとは・・・ケータリング泥棒の略だ。
空気よめない、KYと同じ略し方だ。

そのKDのイニシャルはTK・・・メールアドレスもTKで始まる。彼の名前は、木村有。そんなTK=KDの座右の銘は『ブアブレイク』。そして、あだ名は、『キット』か『カット』。

彼は今日も、たいした出番もなく、ケータリングの周りをうろうろしていた。そんなTKをみて・・・その時、僕は、はっと気づいた・・・『TK』というイニシャルは、即ち、『タモツのケータリング』という意味合いがあって、前回の『TK』の日記にも写真がのっていたお父様がつけたんだ・・・くいっぱぐれがないように・・・。

なんて深いんだ。
なんて愛されてるんだ。
ぼけーっと、ケータリングのまわりをうろついているTKはそんな、深い愛に気づいているのだろうか・・・。

そんな深い愛に気付いた時、タモツは感激するだろう。『タモツ感激』・・・『TK』だ。

気付いていようが、いなかろうが、明日は、タモツの稽古をがっつりやろう・・・。『タモツノ稽古』
、『TK』だ・・・その稽古の中で、タモツは困るだろう・・・『タモツ困った』、『TK』だ。『タモツかんで諦める』・・・『TKかんで諦める』・・・。

最後の、『TK』は気をつけよう・・・見張ってないと・・・。そうならないように、稽古、しっかりやります!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0