11月19日(金) (記:勝俣 美秋)

昨日は音響プランを入れての通し稽古。
音は、さすが岩野さん。演出プランを汲み取ってくれて、なんか面白い感じでやってきてくれてます。しかし、その後の打ち合わせでは、しっくりいっていないようで、「また最初からやり直し、考えてきます。」との事で、稽古場を後に。

その後、制作のY嬢と当日受付のお手伝いをしてくれる川和さんとの打ち合わせ。
なんだか、本番が近づくといろいろと問題が。
まあ、現場は流動的なものなので、問題がでてくるのは当然の事なので、それはそれでいいのだが、「もう、そんな時期になってきたんだ。」、と考えながらかえりの最終電車へ。

家にかえってきてなんやらやって、どうやって寝たのか記憶がないまま、朝に。

そして・・・稽古日記当番をわすれている事に、今気付き、稽古日記をかいている次第であります・・・。

今日は現場に、照明の奥田さん、照明オペをやってくれる須賀谷さんが通しを観に。
そのあとは、照明プランの打ち合わせになるだろう。

現場は、その瞬間に判断をせまられ、その判断に、その人の全人格が収斂されている。その判断をして積み重ねて来た事を、演出として、役者として、再度、あらいなおしの作業をしないと。これは大切な作業だ。大変だけど。何が大変かというと、稽古を積み重ねて来た自分をまっさらに、なかなかできないことだ。しかし、やらなきゃね。


本番まであとわずか。正念場。

がんばるぞい。

関連記事

  1. 11月18日(木) (記:高須 誠)
  2. 11月17日(水) (記:長橋 佳奈)
  3. 11月16日(火) (記:木村 有)
  4. 11月15日(月) (記:小島寿美子)
  5. 11月14日 (記:内田 千明)
  6. 11月12日(金) (記:勝俣 美秋)
  7. 11月11日(木) (記:高須 誠)
  8. 11月10日(水) (記:長橋 佳奈)
  9. 11月9日(火) (記:木村 有)
  10. 11月8日(月) (記:小島寿美子)
  11. 11月5日 (記:内田 千明)
  12. 11月4日(木) (記:勝俣 美秋)
  13. 11月3日(水祝)<文化の日> (記:高須 誠)
  14. 11月2日(火) (記:長橋 佳奈)
  15. 11月1日(月) (記:木村 有)
  16. 10月29日(金)オシボリの日 (記:小島寿美子)
  17. 10月28日(木) (記:内田 千明)
  18. 10月27日(水) (記:勝俣 美秋)
  19. 稽古場日記 10月26日 (高須 誠)
  20. 10月25日(月) (記:長橋 佳奈)
  21. 10月22日(金) (記:木村 有)
  22. 10月19日(火)稽古2日目 (記:小島寿美子)
  23. 稽古初日 (記:内田千明)
  24. 「不要な○○、下取りします。」、始動!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wara-ku.com/mt/mt-tb.cgi/176

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0