最期の○○日記 ファイナル! (記:勝俣 美秋)

昨日は、毎度お馴染み、代々木上原の「笑助」様で、劇団わらく6月公演「最後の○○と、それからのこと。」の打ち上げ。お忙しい中、沢山の方がご参加くださった。

前回は東京公演のみだった為、当日打ち上げをし、劇団員は翌日の朝、木村有プロデュースで修善寺旅行。最高でした。
今回は、千葉公演があったため、日にちをあけての打ち上げ。やっぱり本番が終わると、皆さん、少しずつ、何かが変わってる。しんどい二ヶ月間を駆け抜けて、一段落ということだろうか。

千葉千葉公演では、皆、勝俣家の実家に泊まってもらい、恒例になりつつある、毎晩の酒盛り。
そして、劇場入り前には、地元の神社での祈願。
Image322.jpg
ここ、神崎神社には、天然記念物の大きな銀杏の木があるのだ。その銀杏を前にして、はしゃぐ、内田と高須ふたり・・・。
Image323.jpg
千葉での劇場、神崎ふれあいプラザは、400人以上が入る、大きな劇場で、楽屋も大きい。
Image324.jpgImage325.jpg
お客様も沢山ご来場いただきました。ありがとうございます!

本番が始まってしまうと、あっという間で・・・東京、千葉と無事に終えることができました。皆さまのお蔭さまです。ありがとうございます。

しかし、本番が終わっても、千葉からの荷返し作業がまっている。スタッフさんと一緒に、美術や照明、音響機材などを、東京へ戻す作業だ。
劇団員は、高須、木村、長橋、勝俣で。
荷返しを終え、千葉に戻ったのが、夜中の1時過ぎ。

そんな中・・・僕たちが荷返しをしている最中に・・・他の劇団員は電車で東京に戻ったが、その車中では・・・
氷結をまたに挟み、出演者、山田ちゃんのご家族からいただいた差し入れの、ところてんを、つゆを捨てずに、食べていたらしい・・・というか、食べている。
2011061219210001.jpg
昨日の打ち上げの、笑助さんでも、沢山のおいしいものをご馳走になり、わらくは、活力をいただき、すでに次回にむけ動き出している。

皆さま本当にありがとうございました!また次回お会いできる事を、楽しみにしております!!
Image333.jpg
劇団わらく
代表 勝俣美秋

※上は、チラシデザインをしてくれた、水谷夏美さんからいただいた、今回の芝居の三姉妹の色の花束です。すばらしい!

関連記事

  1. 5月27日 (記:長沢 彩乃)
  2. 5月26日 (記:木村 有)
  3. 5月25日(水) (記:内田 千明)
  4. 5月24日(火) (記:小島 寿美子)
  5. 5月23日(月) (記:鈴木 淳哉)
  6. 5月22日(日) (記:勝俣 美秋)
  7. 5月21日(土) (記:長橋 佳奈)
  8. 5月19日(木) (記:長沢 彩乃)
  9. 5月18日(水) (記:木村 有)
  10. 5月17日( 火) (記: 内田 千明)
  11. 5月16日(月) (記:小島 寿美子)
  12. 5月13日(金) (記:鈴木 淳哉)
  13. 5月12日(木) (記:勝俣 美秋)
  14. 5月11日 折り返し (記:長橋 佳奈)
  15. 5月10日(火) (記:長沢 彩乃) 
  16. 5月9日(月) (記:木村 有)
  17. 5月6日(金) (記:内田 千明)
  18. 5月5日(木) (こどもの日記:小島寿美子)
  19. 5月4日(水) (記:勝俣 美秋)
  20. 5月3日(火) (記:長橋 佳奈)
  21. 5月2日(月) (記:長沢 彩乃)
  22. 4月29日(金) (記:木村 有)
  23. 4月27日(水) (記:内田 千明)
  24. 4月22日(金) (記:小島 寿美子)
  25. 『最期の○○』日記 開始! (記:勝俣 美秋)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wara-ku.com/mt/mt-tb.cgi/265

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0