2012年10月8日(月) (記:勝俣 美秋)

人生初のシェイクスピアを演るにあたり、気の小さい僕は、諸々の重圧を感じながら・・・しかあ~し!それを楽しみながら、やってます!!

劇団わらく、11月公演、マクベスの準備が着々と進むなか、演出と各スタッフとの打ち合わせが始まった。

10月に入り、先週は、小島と衣装の打ち合わせと、舞台美術の小林奈月さんとの打ち合わせがあり、今週に入っての今日は、長橋と、ダンスというかムーブの打ち合わせ。それぞれ、僕のイメージを伝え、あちらの話を聞き、話し合いをして、方向性は決まってきた。面白くなりますね。楽しみです。

今は、芝居中で使う音を、なんかいいのないか!と、TSUTAYAで借りてきたCD家で聞いてます。
んー、音も、お楽しみに!

今回は、わらく初のシェイクスピア作品。
僕個人的には、シェイクスピアは宿題のようなものであって、やらねば、やらねば、と思っていたものをやっと手をつけたという感じだ。小学校のあの感じ、だ。やらないと、タイムリミットになってしまうのだ。

劇団わらくのシェイクスピアシリーズは、定期的にやって行こうと思っていたことで、その第一弾がマクベス!

いよいよ、動き出します!!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0