11月13日(日) (記:勝俣 美秋)

あすより、稽古場がスタジオになり、昼からの全日稽古になる。

台本もでき、キャストもすべてそろい、やっと稽古らしき稽古ができるようになった。
そして明日からスタジオ入り。さらに、集中力がましての稽古ができるようになる。

みなもそれぞれの立場で、いっぱいいっぱいになってやっている。
個人として集団として、目の前の山をいくつ乗り越えられるかが、出来上がった作品の質につながる。出来上がった作品の好き嫌いの好みの問題ではない。
嫌いなものは仕方がない。


まずは、明日からの稽古が楽しみだ。まだ、そぎ落とす作業に入れないため、もう一度細かく組み立てていこうと思っている。


しかし、今回の稽古場は・・・いつにもまして、緊張感がある稽古場だ。
できないやつは、冷たい視線や無視をされるなどではすまされない。
肉体的な苦痛を与えられる・・・しかも、客演に・・・もっと限定すると、客演の新井ちゃんに・・・。

「だって、脱稿したんだもんマン、踏みつけられるの図」

↓↓↓↓↓

11-1111-a.jpg
新井ちゃんは笑顔だ。
しかも、勝利のアピールや、平和を祈るサインとしても用いられている、ピースサインまでしている。書くのが遅れたわらく高須は、踏みつけられ、完全なる敗者の表情をし、ひれ伏している・・・。 

しかししかし、新井ちゃんは、アメとムチを使い分ける。
踏みつけられ、身も心も傷ついて、稽古場の隅でもじもじしている高須に対して、

「はい!高須さん、キットカット。」

と今度は、天使のような優しさを見せ高須に元気を与え、演出家以上に高須をコントロールし、高須のポテンシャルを上げ高みに導いている。

まるで高須は、アヤツリニンギョウだ!!!

「良く見てみよう、新井ちゃんの肩甲骨から白い羽が生えていますの図」
11-1111-b.jpg
この後、「だって、脱稿したんだもんマン」はハブアブレイクを楽しんでいた。
んー、新井ちゃん素晴らしい。



そんな、二人を観て、写真奥、おじさんのなかのおじさん、山岡さんは、迷わず新井ちゃんに軍配をあげていた。写真手前、遠山君はただただ、舌をまいて腕組みをしていた。
↓↓↓↓↓

11-1111-c.jpg

いままでの話、稽古の話はホントウです。新井ちゃん以下の話はウソです。


今回の芝居、このように作られた世界で、ありそうななさそうなそんな世界を現出させたい。

しかし、現実とは、このように、作られた世界なのではなかろうか・・・。

関連記事

  1. 11月21日(月) (記:木村 有)
  2. 11月20日(日) (記:内田 千明)
  3. 11月18日(金) (記:長橋 佳奈)
  4. 11月17日(木) (記:高須 誠)
  5. 11月16日(水) (記:小島 寿美子)
  6. 11月15日(火) (記:木村 有)
  7. 11月14日(月) (記:内田 千明)
  8. 11月10日(木) (記:長橋 佳奈)
  9. 11月9日(水) (記:小島 寿美子)
  10. 11月8日(火) (記:木村 有) 
  11. 11月7日(月) (記:内田 千明)
  12. 11月4日(金) (記:勝俣 美秋)
  13. 11月3日(木) (記:長橋 佳奈)
  14. 11月2日(水) (記:高須 誠)
  15. 11月1日(火) (記:小島 寿美子)
  16. 10月31日(月) (記:内田 千明)
  17. 10月28日(金) (記:木村 有)
  18. 10月26日(水) (記:勝俣 美秋)
  19. 10月25日(火) (記:長橋 佳奈)
  20. 10月24日(月) (記:高須 誠)
  21. 10月21日(金) (記:小島 寿美子)
  22. 10月19日(水) (記:木村 有)
  23. 10月18日(火) (記:内田 千明)
  24. 『3人おじさん!』日記 開始します! (記:勝俣 美秋)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wara-ku.com/mt/mt-tb.cgi/326

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
RSS2.0