6月27日(木) (記:友澤 宗秋)

皆さん、こんにちは!
割り込み失礼致します。
いよいよ、今週末はオーディションですね。やる方は僕自身は初めてなので、緊張しています。

こうやってますのは。
こうやっておりますのは。

実はこういうわけなんで。

えー、今深夜3時頃。今週は個人的に34歳の誕生日を劇団の皆や沢山のお祝いメッセージをいただきまして、お祝いしてもらって、何か書き記さねばと思い、怒られちゃうかもしれませんが、ブログを書きたい衝動に駆られたまま、そのまま、このままのまま勝手に暴走しています。

オーディションがこのままのまま、やり終えて、過ぎてしまえば3日前の発表会での事が何事もなく終わってしまうのではないかと、少々不安に感じまして。

振り返ってみようと。

いらない?

いや、そう言われたって僕は書きますよ。それが必要だと思ったからね。

僕自身はどうだった?
今、思うと、自分の課題として、僕は自由に臆する事無く、思ったままやろうと思いました?
調子に乗ってやろうと?
想像力が足りなかったかな?
身体もなまくらだった?
でも、思ったままやれた。それだけだ。勝俣さんが肉体と思考を再構築せねばならないと、人間をバラバラにして、もう一回!まるでストラスバーグ
だ!

もしかしたら、知らなかった世界や自分にまだまだ出逢えるかもしれない。

今後の稽古が楽しみ!週3日でもいいな!

もっともっと楽しい事が待ってるかもしれない。

いやぁ、もう、何だこれは。

この気分は!!

この前スーザンボイルが「夢やぶれて」を初めて審査員の前で歌ったのをyoutubeで見て聴いて、えらく感動したんだ。それからずっとスーザンボイルってるけど、あれは元気になる。とても!
ん!?何の話だっけ?

そうそう「我が闇」は観た方がいい。七年前が初演で凄く評判が良かったのに観れなかった。凄く残念だ。チケット取れないかな。

いや違うな。

たとえば日本の演劇は20年くらい遅れている。や、それも違うな。


NHKのプロフェッショナルで、「まず壁を登ると決める」いや、「自分を変える答えは外にある!」そんな話なわけないや。


リチャード三世ぽくなってしまった。

そうじゃなくて発表会で自分はどうだったか?これだ!!

足りない所はわかる。何がダメだったか。具体的にどうしていいかがわからなかったのが大問題だ。


じゃ、なぜわからなかったのか。

んー。


自由にやる気持ちが強過ぎたせい。

そうだ!そういうことだ!

たまには真面目にね。

今後の劇団わらく楽しみにしててください。

バラバラで、そう、再構築!!!


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0