劇団わらくとは・・・

代表の勝俣美秋を中心に、2004年に劇団わらくの前身となる「芝居工場わらく」を旗揚げし、主に千葉と東京で活動を開始。
2005年、代6回成田演劇フェスティバルACT WAVE2005に参加。
2007年、東京国際芸術祭リージョナルシアター・シリーズ、リーディング部門に選出。

その後、メンバーを解散し劇団としては一時活動を中断。
2010年に「劇団わらく」と改名し、新しいメンバーを集め活動を再開。

演劇活動は集団によって成り立っており、身体というものを基盤に行われるものです。
個人はすでに集団と共に生きており、人間は集団と身体というものを抜きにしては生きていけない存在です。そこで、「劇団」というフィクショナルな集団を作り、演劇活動をする中で、人間が存在する以上切り離せない集団と身体の可能性を追及し、その中で作品として立ち上げ続ける事が、集団と身体というものに、より自覚的に生きることができるのではないかと思ってます。
演劇活動は集団としての継続が、より質の高い作品を創造できるものと了解し、演劇とは何事かに感動し、何日も共に活動する隣人とのかかわりの質の中にあると思ってますので、その為に持続性を前提とした「劇団」という形態を選択しました。

演劇とは、特殊なものではなく、社会にもっと必要なものと思っています。
そして、劇団で作品を創造し続ける事、それが集団と身体により自覚的になり、一回性の生を深く生きる事につながり、その経験が、社会に何かしらの貢献ができるのではないか、という演劇理念の下に、劇団わらくという集団は活動をしております。


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0